上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
                    今年もやります!!
    第3回「なんで有期雇用なん!?」集会のお知らせ

 昨年、一昨年の熱気に満ちた「なんなん集会」、もちろん、今年もやります!
今年は、私の龍谷大学雇い止め裁判で得た解雇撤回、職場復帰という勝利の波に乗って京都精華大学に乗り込みます。
題して:「なんで有期雇用なん!?」the 3rd @京都精華大
         ~3年の壁をぶち壊す非正規労働者の乱~

皆さま、お誘いあわせの上、お越しください。

■日時 2012年2月25日(土) 13:00~16:30(12:30開場)
■会場 京都精華大学 明窓館M-104
【京都精華大学へのアクセス】
①京都市営地下鉄烏丸線「国際会館」駅より、スクールバスで約5分(土曜日は約10分間隔で運行しています)。
②叡山電鉄鞍馬線「京都精華大前」駅下車、徒歩すぐ。
■集会内容
◇現場報告 ◇模擬団交 ◇ゲスト発言 ◇ビデオ上映
◇有期雇用法制に関するレクチャー ◇集会アピール
■デモと交流会
◆集会終了後、叡山電鉄で「出町柳」に移動し、駅前から京都大学正門までデモ行進します(17:30頃スタートで30分ほどの予定)。参加されるかたはプラカードなどをご準備ください。
◆18:30頃から、京都大学構内の「文学部学生控室」で交流会を行ないます。軽食と飲み物を用意します。参加費は1000円+カンパです。
【主催】「大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会」実行委員会
     Mail: nandenan0227[at]gmail.com *[at]→@
【呼びかけ団体】京都大学時間雇用職員組合 ユニオンエクスタシー / 関西単一労働組合 大阪大学分会 / 関西非正規等労働組合 ユニオンぼちぼち / 京都精華大学 ユニオンSocoSoco / 関西圏大学非常勤講師組合 / 大学をどうするか!共に考える全学大討論会実行委員会(大阪大学) / アルバイト・派遣・パート関西労働組合 / なんで有期雇用なん!?ネットワーク 龍大支部 / 嶋田ミカさんの雇用継続を求める会 [2012年2月1日現在]

*チラシはこちらからダウンロードできます
https://docs.google.com/open?id=0B3Lu3ytZOfEQZDU0ZWFhYjctY2EyZi00MDU4LWE5NWMtNDk5MzE0ZGRhMTFi


「なんで有期雇用なん!?」the 3rd@京都精華大
――3年の壁をぶち壊す非正規労働者の乱――

 また一つ、「なんなん集会」の伝説が生まれた。

 2011年2月19日、《「なんで有期雇用なん!?」リターンズ@京都――大学非正規労働者の雇い止めと闘う緊急集会》が龍谷大学で開かれた。この「龍大の乱」は、いまや伝説となっている第1回の集会(2010年2月27日:@エル・おおさか)以上の盛り上がりを見せ、まさに「夢のような、奇跡のような集会」の再現となった。
 あれから10か月……「なんなん集会」の夢は実現した! 奇跡は起きた! 「龍大の乱」は勝利に終わったのだ!! 私たちの同志嶋田ミカさんは去る12月、龍谷大学に不当な解雇を撤回させ、職場復帰を勝ち取った。「なんなんリターンズ」に全国から結集した大学非正規教職員の熱気、敵の本丸大宮学舎前で叫んだ「嶋田さんを職場に戻せ」のシュプレヒコール……、私たちの団結と怒りの力を目の当たりにした龍谷大学は、裁判途中で自ら和解を乞うてきたのである。
 これは、「なんなん集会」に結集した大学非正規労働者の歴史的な勝利である。“3年(5年)で雇い止め”の撤回はもはや夢でも奇跡でもなく、私たちの団結で勝ち取ることができる現実なのだ。非正規雇用で働く者への悪意すら感じる最近の裁判の傾向を考えると、司法判断に頼らず、運動の力で解雇撤回・職場復帰を勝ち取った意義は、限りなく大きい。私たちはもはや、黙って涙をこらえてくびになるだけの「使い勝手のいいコマ」ではないことを、見事に実証したのだ。

 今年の焦点は、京都精華大学である。2010年12月14日からの8日間、〈京都精華大学ユニオンSocoSoco〉執行委員長がハンガーストライキをおこなったが、身を挺した訴えをも大学側は無視し、2名の組合員が解雇となった。SocoSocoは2011年7月、京都府労働委員会に、大学理事会の不誠実団交・団交拒否という不当労働行為に関する救済申し立てをおこなった。現在、もう一人の組合員も雇い止め撤回を求めて闘っている。。
 今回の集会では、このSocoSocoの闘いを支援し、全国で蔓延している“3年(5年)でくび”の壁をぶち壊すことを目指す。私たちにはすでに、昨年の「龍大の乱」によって3年解雇を撤回させ、職場復帰を勝ち取った実績がある。今年の「精華の乱」でも団結し力を示せば、3年の壁に風穴を開けることはできる。精華大の仲間のために、そして全国で雇い止めという名の期限つき解雇の危機に直面している同志のために、なにより私たち一人ひとりの尊厳のために、ともに闘おう!

全国の大学非正規労働者よ、2月25日、「精華の乱」に結集しよう!!
再び、3年雇い止め解雇の悪例を粉砕するために、非正規労働者の力を示すために!!
スポンサーサイト
2012.02.09 / Top↑
なんで有期雇用なん!?リターンズ@京都 大成功!!
 2月19日龍谷大学大宮学舎で開かれた今年のなんなん集会。
100名以上の参加者で、会場は熱気が溢れていました。
集会後のデモも大いに盛り上がり、その後の懇親会も賑やかでした。

有期雇用の問題点を訴える、反対の意思を表明する、雇い止めのノウハウを議論する

でもそれだけじゃないんです。
「なんなん」のすごいところは、集会そのものが面白い、楽しいということ。
それってこの種の集会では、非常に珍しいと思います。
熱いライブと歌を盛り上げてくださった釜凹バンドの皆さんの力によるところが大きいです。

シリアスな問題を扱う集会でも、こんな風に参加者が楽しめるなら、多くの市民、若者を牽きつけ、運動の裾野を広げることができると思います。ちょっと手前味噌かもしれませんが・・・
 参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

以下は、集会の呼びかけ文です。
雇い止めに瀕している貴方へ、私が心を込めて書いた連帯メッセージです。

あなたは、決して一人ではないと・・・

なんなん集会呼びかけ文
もうすぐ、雇い止めになる貴方へ
 
――貴方も雇い止めになってしまうんだってね。

つらいよね、悔しいよね、文字色途方にくれているんだね。私もそうだったからよく分かるよ。
でも、あきらめてはいけない。私たちといっしょに闘おう。

――クビになって声を上げるなんて恥ずかしいって?

私もそう思ってた。自分の失業を公表するなんてって。でも気付いたんだ。人間としての尊厳を踏みにじられて黙っていることの方が、ずっと恥ずかしいことだって。

――闘う余裕なんて無いって?

今、おとなしく雇い止めを受け入れて引き下がって、幸運にも次の職がみつかっても、所詮有期は有期・・・3年後、5年後にはまた放り出される。どんなに貴方ががんばって働いても、それが評価されることはない。際限のない有期雇用の繰り返し、出口なんて一生見つからないんだよ。

――有期雇用しか見つからないのは、自分のせいではないかって?

何度も不採用になると、そう思ってしまうよね。私も何十と応募しては落ちた頃、自己評価が下がり、鬱病になるほど悩んだよ。でも自分を責めてしまったら、雇用者側の思う壺だ。
考えても見て欲しい。一つのポストに100人以上の応募があるんだよ。99%が落ちるのは、果たして自己責任だろうか? 椅子取りゲームの椅子の数が絶対的に足りないのは、社会の責任ではないのか。
 
――大学の経営状態が悪いから、有期でも仕方がないって?
そういう大学に限って、非正規雇用で人件費を浮かして、数十億の設備投資に走り、巨額の内部留保を溜め込んでいるじゃないか。浮かせた人件費で学費を下げたとか、経営が苦しいから正規職員や専任教員の給与を減らしたなんて話を、貴方は聞いたことがあるだろうか。

――声を上げたって、負けるに決まってるって? 
確かにそうかもしれない。でも黙っていては決して変わらない。それどころか悪くなる一方だ。世間では安定職だと思われている大学教職員が使い捨てにされている実態を、知ってもらわなければいけない。
刀折れ、矢尽きるまで闘い抜いた敗北は、屈辱に甘んじる「平穏」より、数段価値があると私は思う。

一人一人の闘いは、ささやかでも、私たちが手を取り合えば、それは大きなうねりになる。
連帯の力を信じて、私はいつでも貴方に手を差し伸べる。
貴方の勇気を信じて、私は何度でも貴方の心に届くまで呼び掛ける。
――さあ、いっしょに闘おう。



2011.02.21 / Top↑
2011/02/19 「なんで有期雇用なん!?」リターンズ@京都
―大学非正規労働者の雇い止めと闘う緊急集会

~~教育を支える仕事をしている人たちが、「○年でくび」でいいの!?~~

 
昨年に引き続き、2回目になるこの集会。今回はなんと龍谷大学大宮キャンパスで開かれます。集会後は、デモも予定しています。昨年以上に盛り上がるのではないかと期待しています。
 集会の詳細は「なんで有期雇用なん」ブログhttp://nandenan0227.blogspot.com/
をご覧ください。

 大学の雇い止めに限らず、現在の日本の雇用状況はひどいことになっている。

平成23年1月31日 時事通信によると
◎若年層の失業率悪化=フリーターも増加の恐れ─総務省の労働力調査
 総務省が28日発表した労働力調査によると、2010年平均の年齢層別完全失業率で大半が改善か横ばいとなる 中、15~24歳の若年層は前年比0.3ポイント上昇の9.4%となり、悪化が際立った。長引く不況による新卒者の就職率低下が影響しており、失業者に加 え、10年以降はアルバイト・パートとして働くフリーターもさらに増加する恐れが強い。政府は新卒者への就職支援を強化しているが、若年層の雇用環境は容 易に改善しない可能性もある。
 15~24歳の平均失業率は「就職氷河期」だった1999年から04年まで、9~10%の水準で推移。その後は景気回復でいったん改善したが、09年は リーマン・ショック後の不況の影響で5年ぶりに9%を突破。新卒の就職率急落で氷河期の再来が指摘された10年は、さらに悪化した格好だ。
 一方、職業スキルが蓄積されず賃金も増えないなど、ワーキングプア(働く貧困層)の温床ともみられているフリーターは09年を機に再び増勢が強まってい る。若年層のフリーターは03年に最大の119万人に達した後、減少傾向に転じ、08年には83万人まで低下。しかし、09年は87万人と6年ぶりに増加 した。
また、2010年8月に発表された総務省統計局の〈労働力調査ミニトピックス〉によると、15-24歳の完全失業率は、2010年6月に過去最高となる11.1%に上昇したという。完全失業者の内訳をみると、学卒未就職者が6月になっても減少せず、高水準となっている。

 これは革命が進行中のエジプトの失業率8.8%(出所:エジプト中央銀行)より高く、先に革命が起きた13.3%(2010年、チュニジア国立統計局:ILO基準)に近い数字である。

青年モハメッド・ブウアジジ (Mohamed Bouazizi)氏は大学を出ていたが不安定な青果物の行商をしていた。市の警察は許可証をもってないとして商品を取り押さえいたという。彼の妻や子供たちも高圧電柱に登り住宅と仕事を政府の責任者に要求し、自殺すると宣言していたらしい。ブウアジジ氏の死は特に失業率の高いチュニジア市西部などで暴動を引き起こしており今後さらに抗議の暴動は激化するものと見られている。「ヌーベル・オブセルバトワー誌fr.」などが伝えた。

なぜ、日本の若者は怒らないのだろう? 

日本に限らず、アメリカなどの資本主義が極度に発達したいわゆる「先進国」では、チュニジアやエジプトのような独裁者は「顔の見える」形で存在しない。経済界・大企業が、影のゆるぎない独裁者である。政治家も役人も司法もメディアも、この独裁者のために働く。だから自民党が政権を取ろうが、民主党だろうが、大企業の傀儡に過ぎない。労働者が企業の利益のために使い捨てされても、厚生労働省も裁判所も権利を守ってはくれない。それは雇用者に優しい派遣法や判例を見れば明らかである。

しかも「マインドコントロール」が行き届いているので、職が無いのも雇い止めも自己責任だと思わされている。それは「頑張れば夢は叶う」という言説とセットになっている。つまり失業してるような連中は、努力が足りないという訳だ。クビをきった人間の責任は問われない。世の中には貧困、格差、差別など努力ではどうにもならないことに溢れているというのに・・・

日本の若者は、もっと怒ってもいい、いや怒るべきだと思う。
一人ひとりの怒りのエネルギーが結集するとき、それが変化に繋がる。
今度の「なんなん集会」に続くデモでは、「チュニジアに続け」「エジプトに続け」と叫びたい。
2011.02.08 / Top↑
 10月25日、龍谷大学大宮学舎でなんで有期雇用なん!?ネットワーク龍大支部結成集会が開かれました。

大宮の入り口には「龍谷大学雇い止め事件」という文字が入った立て看が立ち、清和館の中では「教員の使い捨て禁止」という私の講演テーマが放送で流れていたのが、なかなかスリリングでした。
龍大の雇い止め問題の集会を龍大で開くって、すごいことだなあと、改めて思いました。 

 集会では、冒頭に院生の方が結成の趣旨を読み上げました。純粋な想いが良く現れた趣旨文で、私はすっかり感動してしまいました。

 集会には、50名ほどの方々が来てくださいました。水月さんが今の大学の非正規・有期などの雇用状況を数字を挙げて分かりやすく説明してくださったので、大学関係者ではない参加者にもよく理解できたと思います。

 パネルディスカッションでは、「なんなん」本家の村上さん、大椿さんも加わって、大学における有期雇用問題の取組みを広げるとともに、民間での運動とも繋がって、大学から社会を変えようということで、まとまりました。

 このなんなん龍大支部に多くの龍大生が参加してくれて、運動が広がるように祈ります。


なんで有期雇用なん!?ネットワーク龍大支部結成趣旨文

本支部は、今年2月に行われました「なんで有期雇用なん!?大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会」の支部として結成されました。結成してまだ数週間ではありますが、すでに、国史・東洋史・仏教史・真宗・実践真宗・法科大学院の学生が賛同しています。先日、湯浅誠さんにも賛同をいただきました。
 
皆さんご存知のとおり、期間を定めて契約を結ぶ「有期労働者」は、人件費の増加を嫌い、正社員の登用(とうよう)を避けてきた企業によって生み出され続けてきました。
その例に漏れることなく、大学でも「有期雇用」は広がっています。
二人目にご講演いただきます嶋田ミカさんは、今年3月に龍谷大学を雇い止めになりました。多くの人が泣き寝入りをしたり、次の職探しを優先するなかで、嶋田さんは勇気をだして声をあげられました。そして、声を上げること自体がまさに、「死活問題」となってしまうのが今の日本の現状でもあります。
この嶋田さんの勇気を無駄にはしてはいけない。一番にこのことが、龍大支部を結成するきっかけになりました。

また、大学は教育機関です。教育という恒常的な業務を支える仕事を、そもそも「有期」にする必要があるのか。年ごとに、職員さんが入れ替わってしまえば、教育を受ける私たち学生も、またゼロから関係を作りなおさなければいけない。つまり、「有期雇用」は能率的であるどころか、その逆だと思います。

現在、このような経営がどの学校でも行われています。
また、声を上げた人への対応は、いずれも冷たいようです。

龍谷大学のホームページを開くと、こう書いてあります。
「人類は利潤(りじゅん)追求に翻弄(ほんろう)され、“いのち”の尊厳と平和を求める人類の願いに逆行する結果を生みだしました。この反省に立ったとき、これから人類がめざすべきことは、人間、そしてすべての“いのち”が平等に生かされる「共生(ともいき)」の世界であると本学は考えます」。
私たちは、龍谷大学の掲げるこの教育理念に全面的に賛同したい。

そして、このすばらしい理念どおり、龍谷大学が全国の学校の先頭を切って、「すべての“いのち”が平等に生かされる」雇用に取り組んでほしいと思います。
今日の「記念集会」をその出発点にしましょう。

そしてなによりも、この集会が、自暴自棄になったり、そのことで自分を小さく押さえ込んでしまっている学校職員の皆さんが、「声なき声」をあげる勇気になればと思います。



なんなん龍大集会



2010.10.27 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。