上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
なめたらアカン女の労働!!
-京大雇い止め裁判の判決に寄せて-

  3月31日13時10分。京都地方裁判所305法廷は、立ち見の傍聴人に溢れていた。
京都大学時間雇用職員井上さん、小川さんの判決が下りる。
裁判官和久田氏入廷。固唾を呑んで見守る傍聴人。
「主文 1 原告らの請求をいずれも棄却する。2 訴訟費用は, 原告らの負担とする」
 ハぁー??? 全身の力が抜けていく。
ヨレヨレになって、集会会場までたどり着く。弁護団から判決の中身を聞くうちに、津波のように怒りが湧き上がってくる。非正規労働者・女性・学歴・職業差別に満ち満ちた不当判決だ。

1. 非正規労働者差別
弁護団によれば、京都地裁は、原告らが担当してきた業務は「家計補助労働、期限の定めのない契約を結ぶべき社会通念上相当な事情はない」、そのような労働は「労働契約が更新されなかった場合に労働者の生活そのものが崩壊するというようなことを想定しなければならない類型の労働とはいい難い」としている。
  冗談じゃない。
 2010年労働力調査によると、パートやアルバイト、派遣社員など非正社員が全雇用者に占める割合は、2010年平均で34.3%となり、比 較可能な02年以降で最大となった。正社員は25万人減って3355 万人となり過去最少に。非正社員は34万人増の1755万人で08年に次ぐ多さだった。非正社員の割合は男性18.9%、女性53.8%。非正社員のうち、増加が目立ったのはパート・アルバイトで、前年から39万人増の1192万人。
 この1192万人のパート・アルバイト労働者は、皆「家計補助」だと言うのだろうか?パート労働の女性の20%、男性の60%近くがパート収入を主な収入源としているというのに・・・パート労働で生計を立てるしかない女性や若年層の存在が見えないのだろうか?
 少なくとも、原告の井上さん、小川さんは明らかに京大図書館の時間雇用で生計を立てていた。彼らにとってこの仕事は家計補助ではないことを、裁判官が知らぬはずは無い。
 また、家計補助であれば、いつクビにされてもいいというのは、パートやアルバイトの労働者としての権利を否定し、差別していることになる。

2. 学歴・職業差別
 和久田裁判官も京大出身。判決では「京大卒の原告らが家計補助的労働にしか従事できない客観的かつ合理的な事情はうかがえず、どんな世界観・人生観でこうした就労形態を選択したか不明」とも述べた。
 京大卒の男性たるもの、パートやバイトなんぞするな。裁判官のような「立派な」職業に就けと言うのか。逆に三流大学や高卒の人間は、パートやバイトなどの不安定雇用でも仕方が無いというのは、学歴による職業の貴賎上下を認めていることにならないか。
  また、雇用不安の中、いまや東大を出ても就職が見つからない人もいるということもご存じないらしい。 
 たとえ好き好んでパート・バイトを選択したとしても、それは憲法で保障された職業選択の自由である。私もかつて自ら公務員を辞めた。イジメ、パワハラ、過労で入院したときに、安定と引き換えに人生を差し出すことは出来ないと気付いたからだ。人は生きるために働くのだ。働くために生きるのではない。

3. 女性差別
2010年労働力調査によると、女性の非正規労働者のうち女性のパート・アルバイトは933万人、男性は259万人とパート・アルバイトの78%は女性が占める。ちなみに私のような契約・嘱託(有期雇用)は女性151万人、180万人であり、男女とも増加している。
 男は稼ぎ手、女は主婦という近代家族モデルによって、女性の労働は家計補助とされ、買い叩かれてきた。また、介護、保育、家事労働などの労働は、無償の主婦労働の延長、女なら誰でも出来る労働とみなされ、低賃金に置かれている。経済のグローバル化とともに、労働力の女性化が進行したのは、女性労働が安いからだ。しかも女性は従順で真面目、男のように争議を起したり、逃げ出したりしない。
 しかしこの近代家族モデルはとうの昔に崩壊している。私が長年調査を行ってきたインドネシアを初めとする途上国の貧困層では、女性が稼ぎ手している。海外出稼ぎハウスメイドも、工場労働者も、物売りなどのインフォーマルセクターも、女性である。その背景には男性の不完全・不安定就労問題がある。安価な女性が求められるがゆえに、男の仕事が無くなる。男の稼ぎが当てにならないから、女はさらに稼ぎ手化する。海外出稼ぎなどの危険を冒しても、極めて収益性が低い商売でも、家計を支える女性には選択の余地など無い。
 日本においても雇用が不安定になり、若年層男性まで親の存在を前提として、家計補助的なパート・アルバイトが正当化される。マリア・ミースが言う「主婦化」である。企業利益のために、賃金・労働時間・権利などの面で労働が劣化し、限りなく主婦の無償労働に近づいている。
 「女工哀史」のころから、資本によって女性労働は「家計補助的」として搾取の対象とされてきた。今や、その動きは若年男性にまで及んでいる。それを裁判所がそのまま認めるとは・・・
 これは1755万人の非正規労働者の切り捨てであり、933万人の女性パート労働者への侮辱である。こんな判決に泣き寝入りするわけにはいかない。

しかし、すべての裁判官が、こんなに「非常識」ではないと信じたい。
幸い、私の訴訟の裁判官は、京都新聞COM雇い止め事件で「雇い止めは無効」という画期的な判決を書いている。私の雇い止めについても、公正な判断を期待している。
2011.04.05 / Top↑
大学の非正規・有期雇用とジェンダー
 
12月13日に開かれた第3回裁判に、悪天候にもかかわらず、法廷からあふれんばかりの皆様に来ていただき本当にありがとうございます。次回、2月10日11時からの裁判の傍聴もよろしくお願い申し上げます。

大学における有期雇用問題について、ジェンダーの視点から二つの原稿を書きました。

ひとつは、アジア女性資料センターの『女たちの21世紀』(64号、2010年12月発行)「国内ニュース 大学における有期雇用とジェンダー」という記事です

もうひとつは、女性労働問題研究会『女性労働研究』(55号、2011年2月発行)「法廷から 龍谷大学雇い止め事件」という記事です。

ょっと一部をご紹介しましょう。

 大学の常勤の教員は,「教授,准教授,講師,助教、助手」と呼ばれ、女性の比率は18.2%(2007年度『学校基本調査報告書』)である。国立大学に限ると助手を除く女性は11.8%だが、助手は52.9%と高く、女性が補助的地位に集中している。常勤教員は週平均6-7コマを担当し、任期の無い正規の専任教員の年収は40代で多くの場合1000万円を越える。
大学教員任期制導入以来、常勤の中にも3、5年などの有期雇用が急増している。彼らは常勤・専任であっても、年収は200~300万程度、社会・雇用保険、退職金などが無い場合も多い。東京大学では、任期の無い正規の教授では女性はわずか4%だが、有期雇用教職員の女性は25%にのぼるという。
「非常勤講師」については、少子化による経営難を理由に各大学が人件費抑制を進めた結果、50%を超える。大学非常勤講師実態調査アンケート報告書 (2005-06年)によれば、彼らの65%以上は本務校を持たない専業非常勤講師である。多くは1コマ2万5000~3万円の賃金で、常勤を上回る10コマ近くを掛け持ちしている。同じ1コマでも正規の専任教員と比べると、10倍以上の賃金格差がある。契約は1年または半年契約で、半数は雇い止めを経験している。女性の比率は55%と過半数を超える。
龍谷大学に注目しよう。専任教員504名中、特別任用教員など有期の教員は七七名。正規と有期の比が2:1、1:1の学部もある。特別任用教員は諸手当や福利厚生は付くものの、給与は50~60%にとどまる。有期を含む専任教員の性別構成を見ると、最も女性比率が高い短期大学部で44%、最も低い理工学部で2.7%、専任教員全体で約10%が女性である。この女性比率は他大学と比べて決して低い方ではない。しかし、龍谷でも女性は助手、助教、講師などに偏っている傾向がみえる。一方、非常勤講師の数は1070名、専任教員の2倍に達している。うち本務校のない不安定な専業非常勤教員は544名である。
職員では、正規専任職員240名に対して嘱託は187名、43.8%に達し(2010年4月現在)、アルバイト職員42人、派遣職員23人(2008年5月)とあわせると、半数近くが非正規ということになる。事務系嘱託職員の賃金は、勤務年数に応じて約16万9000~18万7000円が上限である。これに対して正規職員は29才ですでに30万円を越え、年々昇給昇進が約束されており、格差は歴然としている。アルバイトに至っては、時給はわずか870円に過ぎず、雇用保険などの福利厚生もない。
龍谷大学教職員組合が嘱託、派遣、アルバイト職員に行ったアンケートを見ると、匿名性という点から性別は不明だが、おそらく80%以上が女性であろう。在職期間はアルバイトの90%以上が一年未満だが、嘱託では約半数が3年以上である。また、嘱託、派遣、アルバイトで働いていることで約40%が、職場環境や個人生活にとって問題があると答えている。正規職員としての採用を希望している者は半数以上である。

 このように、大学においても有期雇用はジェンダー問題です。私の書いた原稿が、少しでも多くの人にそういう認識を持っていただくことに役立てば嬉しいです。



スリランカ女性の海外出稼ぎ労働に関する論文が出版されました!

 「スリランカ女性の海外出稼ぎ労働―聞き取り調査から貧困緩和効果を考える」駒井洋[監修]、首藤もと子[編著]『東南・南アジアのディアスポラ』叢書グローバルディアスポラ2、明石書店、2010年12月。
 これは、スリランカとUAE、クウェートにおけるスリランカ人出稼ぎ女性への聞き取り調査をもとに、海外出稼ぎ労働が貧困緩和に効果があるか否かを検証した論文です。
 この論文の出版は、雇い止めになった私にとって、本当に嬉しいことです。研究者にとって、職が無いということは、研究の場も、その発表の場も奪われたことを意味するからです。
 私はスリランカやインドネシアの女性たちの話しを聞いて歩くことが大好きです。過酷な労働に耐え、ワーキングプアであっても懸命に家計を支えている女性たちから、たくさんのパワーをもらいます。同時に、そういう女性たちの姿を日本の女性にも伝えたい。そのためにも職場復帰して研究の場に戻りたい。今回の出版で、その思いを新たにしました。

2010.12.27 / Top↑
 10月29日、第2回目の裁判が開かれました。多くの皆さんの傍聴と集会への出席、本当にありがとうございました。裁判で私が述べた意見陳述は、HPにアップしましたので、ご覧ください。
 集会で最後に話題になったマイクロクレジットについて、何人かの賛同人の方から、対象者や方法などについて質問を受けました。そこでマイクロクレジットと雇い止めについて書いた原稿を掲載することにしました。
 


       女性の貧困の連鎖
    ―雇い止めとマイクロクレジット―

                龍谷大学雇い止め事件 
                    原告 嶋田ミカ


2010年3月、龍谷大学経済学部特別任用教員助手だった私は、雇い止めになりました。大学当局は採用時に1回更新可と明言していたにも関わらず、今日に至るまで、明確な理由を示していません。
私の専門はインドネシアの女性労働です。中部ジャワの小さな市場で、野菜や惣菜を作って売る零細な女性商人の調査をしてきました。彼女たちは早朝から夕方まで市場であるいは行商で売り歩いても、米1kg分の収入にしかなりません。労働力の女性化が進んだ結果、途上国女性の多くは、このような「ワーキングプア」の状態にあります。男性は、零細な農業や日雇い労働などの不安定で不完全な仕事しかありません。実質的に貧しい一家を支えているのは、女性なのです。
1997年のアジア経済危機以降、女性の負担は一層増えました。この苦境を目の当たりにして、1999年12月から、女性商人に対して無利子の融資を始めました。それまでは、いくつもの月利20%の高利貸から運転資金を借りて、わずかな稼ぎが利払いに消えてしまう女性も珍しくありませんでした。でも、無利子の貸付を始めてからは、次第に高利貸から脱却し、事業も生活も安定してきました。
現在、100名ほどの女性商人に融資していますが、返済率は99.4%とグラミンバンクを上回っています。グラミンバンクの貸付は年利20%ですが、私たちは無利子です。援助である以上、無利子は当然だと思います。また、借り手一人一人と信頼関係を作り、事業経営や家計状況などを把握していることも、高い返済率に繋がっていると思います。現在、多くの女性商人に貯蓄の余裕が生まれ、売れ行きが悪い日の運転資金にしています。条件さえ整えば、彼女たちには貯蓄をする意欲も能力もあるのです。
返済は日賦で、貸付や返済の集金は、3人のスタッフが担当しています。彼らの給料などクレジットの運転資金は、私個人が負担してきました。3人とも正直で誠実な人たちで、10年間金銭的なトラブルはありません。国と国の国際協力ではなく、アジアの女性同士が手を繋ぐ「民際協力の試み」 です。
しかし、私が雇い止めになったことで、順風満帆だったマイクロクレジットが危機に瀕しています。無職無収入になってしまった今、どうやってスタッフの賃金を払い、雇い続けていけばいいのか、途方にくれています。このままでは、「雇い止めの連鎖」になってしまいます。途上国で特徴的だった貧困とワーキングプアが、経済のグローバル化によって、先進国の大学の現場にまで押し寄せてきたのです。
また、せっかく高利貸から脱却した100名の女性たちは、無利子のクレジットがなくなればいったいどうなるのでしょう? 再び、高利貸しの借金地獄に陥れば、家族の生活までも悪化してしまいます。
7月5日、理由無き雇い止めの撤回を求めて、京都地裁に提訴しました。幸い、「雇用継続を求める会」 という支援組織ができて、多くの皆さまの賛同をいただきました。その中には「他人ごとではない」「事情があって、声を上げられない」「雇い止めで人生を絶たれた」などの悲痛な声が寄せられています。私は皆さんのご協力を得て、なんとしても雇用継続を勝ち取らなければいけません。大学の有期雇用問題改善のためにも、また、ジャワの女性商人の貧困緩和のためにも・・・


マイクロクレジットのことをさらに詳しくお知りになりたい方は
拙稿「民際協力の試み」をご覧ください。





インドネシア中部ジャワ州アンバラワにあるワルンラナン市場内にある
マイクロクレジットの事務所で、融資の相談をする3人のスタッフと筆者インドネシア中部ジャワ州アンバラワにあるワルンラナン市場内にある マイクロクレジットの事務所で、融資の相談をする3人のスタッフと筆者

2010.11.04 / Top↑
なんで有期雇用なん!?ネットワーク龍大支部結成!!

 10月25日、龍谷大学大宮学舎で、「なんで有期雇用なん!?ネットワーク龍大支部」結成記念集会が開かれます。水月昭道さんと私が講演した後、村上潔さん、大椿裕子さんが加わって、パネルディスカッションを行います。(詳細はhttp://skoyokeizoku.jimdo.com/)ちなみに水月さんの著書『高学歴ワーキングプア』と最新刊『ホームレス博士』は、大学における有期雇用問題を知るための必読書です。まだ読んでいない方は、是非、読んでみてください。

 この集会は、私の雇い止め裁判の傍聴に来てくれた龍大院生の皆さんが主催です。「共生―ともいき」を掲げる龍大でこのような解雇が行われていることに衝撃を受けたことがきっかけだそうです。これだけでも私にとっては、嬉しいのに、集会の後も継続的に龍谷大学の有期雇用問題に取り組みたいという話がありました。そこで、今年2月に開催された「なんで有期雇用なん!?大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会」実行委員会と連携する形で、「なんで有期雇用なん!?ネットワーク龍大支部」を作ろうということになりました。

 龍大院生の中からこのような動きが出てきたことの意義は計り知れません。彼らは龍谷大学内部の人間であると同時に、授業料を納入している大切な「お客様」です。大学当局にとっては、かなりのプレッシャーになるのではないでしょうか。
 私にとっては、本当に有難いです。集会を機に他学部や深草の学生からも参加者が増えれば、これ以上強力な応援はありません。この場を借りて、龍大院生有志の方々の高い問題意識と勇気に敬意を表するとともに、心からの感謝をお伝えします。今度とも、力をあわせて龍谷大学の有期雇用と闘っていきましょう。

 皆さま、院生による記念すべき「なんで有期雇用なん!?ネットワーク龍大支部」結成集会に、是非、お越しください。
2010.10.09 / Top↑
第1回裁判 傍聴のお礼

8月20日、第1回裁判が終わりました。
直前の18日に、裁判所から知らせが入り、急に傍聴席が16人から39人の法廷に変更になりました。
傍聴席が増えたのはいいけど、果たして埋まるのだろうか?
変更してもらっておいて埋まらなかったらどうしよう!
などさまざまなことが頭をかけめぐり、なにがなんでも39人の方に来てもらわねばと決意。
事務局の嶋川さんと手分けをして、関西在住の賛同人の方に電話をかけまくりました。
「大変なんです!! 裁判だけでも来てください!!」
「駆けつけるから」という方が続々と名乗りを上げてくださって、なんとか40人くらい確保できる目処がつきました。

それでも、蓋を開けてみるまでは分からないと、当日はどきどきしながら、京都地裁208号法廷の前に行きました。傍聴券配布予定時間の13時10分には、40人以上の列ができました。
ああ、良かったとホッとする気持ちとともに、お忙しいのに駆けつけて下さった皆さんの気持ちが嬉しくて有難くて、胸がいっぱいになりました。
同時に、せっかく来て下さったのに、法廷に入れない方が出てしまって、申し訳なく思いました。

裁判そのものは、弁護士から訴えの要旨の説明、次回期日の相談など10分ほどで終了。

集会会場の弁護士会館へ移動。集会にも50名以上の方が残ってくださいました。
弁護団からの訴訟についての説明、教職員組合からの説明で、それぞれ質問を受けました。
参加者から次々と、するどい質問が続出しました。
こんなに意識の高い皆さんに応援してもらっているなんて、本当に心強いです。

続いて、パナソニックの吉岡さん、日本基礎技術を試用期間中で解雇された本田さん、関西圏大学非常勤組合新屋敷執行委員長から、ユニオンエクスタシーの井上さんの4人の皆さんが、発言してくれました。
個々の争議がバラバラに闘っているので、同じように不当解雇を闘う者として、協力しようという呼び掛けに、共感しました。

「雇用継続を求める会」代表の田中宏先生がおっしゃったように、雇い止めは、一般企業・大学を問わず、広く蔓延しています。正規と非正規は異なる扱いを受けること、言い換えると「身分制」が、フツーにまかり通っています。フロアーからの発言にあったように、どんどん日本は変になってしまって、本当に怖いくらいです。ここに集まってくださった皆さんは、同じ恐怖感、危機感をもたれているのだろうと感じました。

田中宏先生は「集会を通じて傍聴のリピーターになってもらわなくてはいけない」とおっしゃっていました。
聞き応えのある質疑応答、共闘をよびかける4人の皆さんのアピール、最後の本田さんのお母さんの印象的な発言などなどのお陰で、中身の濃い集会になったと思います。
「無理して来て良かった」「また、来よう」と思ってくださった方が多かったのではないかと信じたいです。

裁判や集会などの感想を、このブログのコメントにお寄せくださると嬉しいです。
なお、裁判や集会の詳細については、HPに掲載しますので、ご覧ください。

ありがとうございました。






2010.08.24 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。